【ずばり解決】使わなくなった教科書やノートの処分方法

子供の使わなくなった教科書の処分方法

使わなくなった教科書

子供の使わなくなった教科書は「いつか役にたつかもしれないから・・・」と取っておくと年々増えていき言葉どおりタンスの肥やしになってしまいますよね。

使用済みの教科書の処分はみなさん意外と困っている方が多いのではないでしょうか。

処分方法ごとに詳しく説明していきます。

 

紙ゴミの日に捨てる

一番思いつくのが古紙回収(紙ゴミ)として捨てること。これが一番簡単です。紙ゴミに出した教科書はリサイクルされて再生紙として生まれ変わります。

ノートも同様ですが誰かにみられるかもしれないと心配の場合は古紙回収業者に依頼して処分してもらってください。

注意点

教科書の表紙・裏表紙にビニールや布製のものが使用されている場合は、表紙・裏表紙を剥がしてその部分は燃えるゴミに捨ててください。

ビニール製かどうかは、手で破ってみるとビニールが出てくるのですぐにわかります。

 

古紙回収に出す

町内会、子供会や自治会などで古紙回収が行われているのでそこで出すと町内の収入源となります。

古紙回収の日は、回覧板や掲示板などでチェックしましょう。

 

オークションに出品する

小学校や中学校の教科書も実はヤフーオークションやメルカリで売れます。しかも結構高い値段がついたりします。子供に次の学年の勉強をさせたい と思う親御さんもいらっしゃいますし、教育学部の学生さんが購入したりするので意外と需要があるわけです。

東大生のノートなんかも売れる時代なので不思議ですよね。

 

教科書買取専門業者に送る

教科書を買いたいという需要は意外と多いので、教科書買取を専門とするインターネットショップがあります。

需要の高い教科書であれば高額買取してもらえます。しかも申込フォームに簡単な記入をして段ボールで送付するだけでお金が振り込まれます。

 

注意点

小学校・中学校の教科書買取

教科書買取業者は、小学校・中学校教科書の買取はしていない場合が多いです。

 

小学生〜高校生のための参考書や問題集は高価買取してくれます。

 

教科書のように見えて文部科学省が検定していないいわゆる「検定外教科書」というものは買取してもらえます。

検定外教科書の例

 

 

バーコードを確認しよう

買い取ってもらえるかどうかの判断はバーコードが付いているかである程度判断できます。バーコードが付いている教科書は専門書に分類され本屋さんに流通している書籍になりますので買取してもらえる可能性が高いと判断しましょう。

 

買取してもらえる小学校・中学校教科書の代表例

教科書ガイド

小学生のためのきれいな字になるワーク

 

 

教科書買取業者の小学校・中学校・高校教科書買取

テキストポン ×

専門書アカデミー ×

学参プラザ △

学参プラザでは、指定学校(私立高校・国公立附属高校)の教科書の買取を行なっています。

→  指定学校一覧

→  買取フォーム

高校の教科書買取

高校になると大学受験用参考書などは需要が高いので、教科書買取業者で高価買取してもらえます。

 

おすすめ教科書買取業者

テキストポン

 

学参プラザ

 

 

まとめ

・公立小学校・中学校の教科書は買取してもらえないことが多い

・私立小学校・中学校の教科書は一部買取あり

 

小学校・中学校の教科書は無償提供されていますが、そのお金は税金でまかなわれています。紙資源として古紙が20〜40%ほど使用されています。

教科書をリサイクルすることで、未来の子供たちが教科書で学習して大人になっていきます。

紙は限られた資源ですから、教科書を処分するときもリサイクルを意識することが大切ですね。